ホーム » ワンポイントアドバイス » 正規輸入品とは?並行輸入品とは?

正規輸入品とは?並行輸入品とは?

流通ルートの違いにより名前が違う

正規輸入品と並行輸入品の違いは 流通ルートの違いにあります。

簡単に言うと…

正規代理店が輸入したものを正規輸入品、 その他の輸入元の商品を並行輸入品といいます。

ちなみに、どちらも本物です。

正規輸入品とは?

正規輸入品とは、 ブランド・メーカーと正規代理店契約をしているお店が、 直接輸入を行って売っているモノを言います。

例えば、フォリフォリ腕時計の場合、 日本の正規代理店であるフォリフォリジャパンがフォリフォリ本社より時計を仕入れて、 全国のフォリフォリ店舗で売っています。

正規輸入品のメリットは、 初期不良の対応、修理などのアフターメンテナンスを受けることができます。

フォリフォリの腕時計の場合、 初期不良、電池交換、修理、クリーニングなど、時計を買ったお店以外でも アフターサービスを受けれます。

デメリットは、「定価の値段で販売している」ということです。 正規の流通ルートなので、値崩れはせずに 定価のまま販売されます。

ですので、正規輸入品の腕時計は、 「安心を購入する」と言ったところでしょうか。

並行輸入品とは?

並行輸入品とは、海外で売られていた腕時計を 現地のバイヤーが買ってきて、それを独自に日本へ輸出したものです。

例えば、 ギリシャ、アメリカなど外国のフォリフォリ店で売られている時計を 現地のバイヤーを買って、それを日本に輸出します。

外国のフォリフォリ代理店の腕時計なので、もちろん本物です。

安いものを買ってくるので、 日本での販売価格もかなり安くなります。

なぜ、価格が安いのか? それは、海外で売っているフォリフォリ時計の方が、 日本と比べて安いからです。

正規ルートでは、輸入コスト、ブランド契約料金、人件費などが販売価格に加算されます。 しかし、ブランド本社がある国で買った場合、 輸入コスト、ブランド契約料金などないので、安くなります。

並行輸入品のメリットは、 正規輸入品と比べて、非常に安価に買えることです。 フォリフォリ腕時計は、半額以下で購入できるものもあります。

デメリットは、 正規代理店でののアフターメンテナンスを受けられない可能性があります。

特に、フォリフォリは、 並行輸入品についてのアフターメンテナンスをしてくれません。 詳細は、フォリフォリ公式ホームページにも記載されています。

フォリフォリ公式ページ FAQs アフターサービスについて

次のページでは、 並行輸入品を購入するときの注意点についてまとめています。

次へ

並行輸入品の注意点

今月の注目!!


PLAYFUL EMOTIONS